どこの歯医者に行くのが良いのか?

「いい歯医者」を探しているが、どう選んだら良いか分からない、ただ現状で大きな問題も起こっていないので、そのまま通っているという話を良く聞きます。

一方で、歯医者を転々として、やっと自分にあった歯医者を見つけることが出来ましたと言う患者さんも当院におりました。いざ、歯医者を変えようと思っても、色々と考えて、重い腰が動かないという感じなのではないでしょうか。

そこで今回は、今通っている歯医者を変える時にどのようなことに注意すればよいのかを、考えていこうと思います。

歯医者を変えるべきタイミングとは

「治療しても治らず、理由もわからない」「治療がとても痛い、苦痛である」「治療費や説明が納得できない」「衛生的でない」などを感じられている方は、すぐにでも変えるべきです。なぜなら、治療方針、治療技術、歯医者のシステムに問題があり、適切な医療が提供されていない可能性が高いと考えられるからです。

また、治療中にも関わらずなかなか予約が取れない場合も、歯医者を変えることを検討した方が良い可能性があります。例えば、かかりつけの歯医者で、「痛い」「咬めない」「治療中」など緊急性の高い状態にもかかわらず、理由もなく予約がとりづらい場合です。

もし「いい歯医者」であれば、既存の患者さんをとても大切に考え、新規の患者さんよりも優先的に診てくれるはずです。

この様に、「いい歯医者」では新規の予約が取りにくいことも特徴です。

長くつきあえる歯医者を選ぼう

まず、歯医者に行く目的を、短期的な治療や不具合の改善から、中長期的なお口の中の健康を維持するため、と捉え直す必要があります。

なぜなら、歯が痛くなった理由、虫歯になった理由などを考えることなく、治療をしても、根本的な解決につながらず、また同じことを繰り返すことになります。結果として、歯の寿命が短くなってしまうことになるのは、多くの研究でも明らかです。

予防的な考え方を持ち、あなたのお口の中の健康に寄り添ってくれる歯医者さんを選ぶべきだと考えます。

安易に歯を削ったりしない歯医者が「いい歯医者」

極論的に書きましたが、特に非可逆的な治療(歯を削ったり、神経を抜くなど)の際に気をつけたいことです。

「虫歯治療のため、歯を削らなければならないと言われた。」
「歯の神経を抜かなければならないと言われた。」
「歯を抜かなければならないと言われた。」

こんな時、先生に聞いてみてほしいのです。

「削ったり、抜いたりせずに治療は出来ないのかどうか?」
「削ったり、抜いたりした場合、治療の選択肢にはどのようなものがあるか?」

「その選択によって治療した歯の将来はどうなるのか?」

「いい歯医者」であれば、これらの質問に対して、丁寧にわかりやすく時間をかけて説明してくれるはずです。そして納得のいかないまま、いきなり歯を削ることはないでしょう。

予防について先生に聞いてみよう

予防については、ストレートに聞いてみることをオススメします。

「ここでは、虫歯にならないようできますか?」
「ここでは、虫歯にならないようにどのような治療や予防の方針を持っていますか?」

もし「本当の予防歯科」であれば、「あなたの協力が必要ですが、虫歯にならないようにすることは出来ます。」と答えてくれます。そして、虫歯の原因を解決するための具体的なケアやメンテナンスについての案内があるでしょう。

お口の健康はとても重要ですので、「歯医者は治療さえしてくれれば良い」と思わず、ぜひ納得のいく歯医者を探してみてください。

もし、今の歯医者に対して遠慮がある場合は、他の歯医者の意見(セカンドオピニオン)も聞いてみたいですと言うのも1つの手かもしれませんね。

(歯科医師:中山俊太郎)