あなたは今まで何件の歯医者に通いましたか?

そして以前の歯医者には、なぜ通わなくなったのでしょうか?

仕事場の変更や引っ越しによって通いづらくなった。治療が痛い。腕が悪いと感じた。説明が不十分で納得がいかない。環境が衛生的でない。治療費が高い。など様々な理由があると思います。

しかし、失敗しない条件で最も重要なことは「そこに通っていれば、お口の中の健康が長く維持される」ということではないでしょうか。定期的に通っているのに数年ごとに治療を繰り返しているのであれば、通う意味はなくなってしまいます。

そこで、今回はどうすれば歯医者選びで失敗しないのか考えていきたいと思います。

まず、自分の歯をどうしたいのかを考える


例えば、歯の詰め物が取れた場合を考えてみます。

ただ取れただけであれば、再度つけてもらえば大丈夫と考えるのが一般的かもしれません。しかし、実際には何か問題(原因)があるから取れるわけです。


さて、ここであなたなら、どちらを選びますか?

  1. その問題について考えることなくつける。最悪、歯がダメになってもよいと考える。
  2. その問題を解決し、二度と同じことを繰り返したくない。出来れば歯のトラブルはなくしたいと考える。


こう聞かれたら、②を選択する人が多いのではないでしょうか。

虫歯になることや歯のトラブルは、ある程度は仕方がないことで、根本的な解決は難しいとあきらめている人も多いかもしれません。ただし、問題(原因)は何なのか、そしてその問題を解決するために必要なことを実践すれば、難しい事ではなくなります。

適切な治療の費用・回数(時間)がある

あなたが②を選んだとします。その場合、費用や時間について初めから決めることは出来ません。何故ならば、根本的な解決には、しっかり原因を見極める検査を行い、それに合わせた最適な治療が必要になるからです。


一方で、治療費はなるべく抑えたい。忙しいので1回の治療で済ませて欲しい。そう考えている人も少なくはないでしょう。しかし、治療費やかける時間に対する価値観や思いは、問題をしっかりと把握することで変わる可能性があります。

例えば、初めは「歯を抜いてもらいたい。」と思っていたが、時間をかけて治療していくことで歯を抜かなくて済む場合や、白い歯にしたいのでお金が掛かると思っていたが、お金を掛けずに十分満足することが出来る場合もあります。

このように、初めはお金や時間をかけるつもりはなかったが、現状を見直した結果、気持ちが変わる場合もあります。「歯が痛くて眠れない。」「歯が痛くて食事することが出来ない。」など緊急の時でない限り、費用や時間を考える前に現状をしっかりと見直してみませんか。

現状を把握できて、相談できる歯科医院を選ぼう

まず、現状を知るためにしっかりとした検査を行ってくれる歯科医院を選びましょう。

現状を知るには ①虫歯の状態 ②歯周病の状態 ③咬み合わせ 大きくこの3つを検査していく必要があります。そして、全ての歯や歯ぐきの状態を精密に検査しなければ、適切に治療することは出来ません。

検査後、必要な治療の計画について説明がありますが、良い歯科医院の場合は、自分の歯をどうしたいかという話を聞いてくれた上で、選択肢を示してくれるでしょう。一方的に説明して終わりではない、歯科医院を選びましょう。

歯の治療での失敗は、精密な検査をしないことと、十分に相談出来てないことによる患者さんと歯科医院の考え方のミスマッチによって起こることが多いです。

歯医者選びで失敗しない

正直、私たちでも迷ってしまうぐらい、歯医者選びはとても難しいのが現状です。

例えば、米国ではGP(General Practice / 総合歯科)が最初に診ることが多く、そこで検査・診断してから、適切な専門の歯科医院を紹介されます。歯医者選びを患者さんに任せきりにせず、現状をしっかりと把握してから、適切な治療へと進む行程を大事にしているからでしょう。

例えば、歯をキレイにしたいから審美歯科、インプラントにしたいからインプラント専門歯科といった選択をしてしまうと、当たり前ですが選択の余地はありません。結果、歯を白くするために歯を削らなければよかった、インプラントにしなければ良かったと後悔したという話もよく聞きます。

まずは、現状を把握できて、相談できる歯科医院を選びましょう。

歯医者選びで失敗しないことは、そこから始まります。

(歯科医師:中山俊太郎)