天然歯を守る最後の砦

歯を残すために重要な「根の治療」

「歯を大切にしたい」「歯を抜きたくない」「一生涯、自分の歯で生活したい」本来、人は潜在的にこのような思いがあります。

そんな思いに応えるために、「抜かない、削らない」をモットーにした歯医者がたくさんあります。

しかしながら、「治したのに痛みや腫れが引かない」「違和感が消えない」「歯を抜く以外に方法はないと言われた。」そんな患者さんが後を絶ちません。

1本の歯を残すために、真剣に考えてくれる歯医者はどのくらいあるのでしょうか?
残念ながら日本では、歯を残すために重要な「根の治療」、すなわち「根管治療」が非常に軽視されています。

LIFE CARE DENTAL OFFICEは歯を抜かずに残す「最後の砦」でありたいと考えています。

院長:中山俊太郎

中山俊太郎
院長
・経歴
2008年 明海大学卒業
2008年 明海大学歯周病科勤務
2011年~2014年 埼玉県の歯科医院にて勤務
根管治療専門医の下でマイクロスコープ治療に従事
2019年3月 開業

・所属
日本歯周病学会
日本歯内療法学会

Micro Endodontics 精密根管治療

精密根管治療なら抜かなくても残せる歯があります。

症例1 器具の破折片・根尖肥大

歯根の先が肥大していて、その周りに大きな病巣があります。
また、根管治療時に使用する器具が破折したままになっています。

治療前

マイクロスコープを用いて、根管治療を行い器具の破折片も除去しました。
歯根の周りの骨再生がみられ、現在のところ経過は良好です。

治療後

症例2 根管内に穴が開いている

歯根の周りに大きな病巣があります。
根管内に穴が空いていて、そこから感染が拡がっています。

治療前

マイクロスコープを用いて根管内の穴を確認し、根管治療を行いMTAセメントを充填しました。
歯根の周りの骨再生がみられ、現在のところ経過は良好です。

治療後

症例3 樋状根(といじょうこん)

樋状根(といじょうこん)は、複雑な形態のため、治療が難しいとされています。この症例では、丁寧な治療を施し、歯の保存をすることが出来ました。

咬むと違和感があり、歯が浮いているような症状(動揺)があった。レントゲンでみると、根の先の骨が溶けて、炎症を起こしている状態が黒い影から見て取れます。

治療前

治療後、根の先の骨再生がみられ、歯の揺れもなくなり、黒い影が消えています。

治療後

症例1

歯の神経にまで到達している大きな虫歯があります。

治療前

虫歯を慎重に取り除き、歯髄を保護するためにMTAセメントを充填しました。
歯髄保存療法から14ヶ月経過、現在のところ良好です。

治療後

症例2

不自然な歯の形をしており、うまくお手入れが出来ない状態で、治療後再度むし歯になっている状態でした。

むし歯をとっていくと、とても深いむし歯で、歯の神経が露出しました。通常、神経をとる治療になってしまうことが多いですが、歯髄保存療法によって、残すことが出来ました。

治療前

それまであった自然な歯の形態に戻し、お手入れしやすい環境を整えました。

治療後

精密治療に欠かせない3つの条件

院内感染予防の徹底

安心して治療が受けられるように使用器具の滅菌・消毒に力を入れています。

特に根管治療では感染管理は治療の成功率に大きく影響します。

歯科用CTの完備

従来のレントゲンは2次元ですが、歯科用CTは三次元、文字通り次元の違う診査が可能となります。

難しい根管治療の診査・診断には欠かせない検査になります。

マイクロスコープ

現代の歯科治療にマイクロスコープは欠かせない存在になりつつあります。肉眼では確認できない歯や歯肉の状態を知ることが出来ます。

私自身が肉眼での治療が信用できなくなり、特に深い虫歯治療や根管治療には欠かすことは出来ません。

「抜歯と言われたが、歯を抜きたくない」

「歯ぐきから膿が出ている」

「噛むと歯に痛みや違和感がある」

「虫歯治療したが、痛みが取れない」

 

こんなお口の中の悩みはありませんか?

検査や治療に関する不安・疑問・問い合わせありましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ