歯医者を変える時の選び方

歯医者を変える時の選び方

どこの歯医者に行くのが良いのか?

「いい歯医者」を探しているが、どう選んだら良いか分からない、ただ現状で大きな問題も起こっていないので、そのまま通っているという話を良く聞きます。

一方で、歯医者を転々として、やっと自分にあった歯医者を見つけることが出来ましたと言う患者さんも当院におりました。いざ、歯医者を変えようと思っても、色々と考えて、重い腰が動かないという感じなのではないでしょうか。

そこで今回は、今通っている歯医者を変える時にどのようなことに注意すればよいのかを、考えていこうと思います。

歯医者を変えるべきタイミングとは

「治療しても治らず、理由もわからない」「治療がとても痛い、苦痛である」「治療費や説明が納得できない」「衛生的でない」などを感じられている方は、すぐにでも変えるべきです。なぜなら、治療方針、治療技術、歯医者のシステムに問題があり、適切な医療が提供されていない可能性が高いと考えられるからです。

また、治療中にも関わらずなかなか予約が取れない場合も、歯医者を変えることを検討した方が良い可能性があります。例えば、かかりつけの歯医者で、「痛い」「咬めない」「治療中」など緊急性の高い状態にもかかわらず、理由もなく予約がとりづらい場合です。

もし「いい歯医者」であれば、既存の患者さんをとても大切に考え、新規の患者さんよりも優先的に診てくれるはずです。

この様に、「いい歯医者」では新規の予約が取りにくいことも特徴です。

長くつきあえる歯医者を選ぼう

まず、歯医者に行く目的を、短期的な治療や不具合の改善から、中長期的なお口の中の健康を維持するため、と捉え直す必要があります。

なぜなら、歯が痛くなった理由、虫歯になった理由などを考えることなく、治療をしても、根本的な解決につながらず、また同じことを繰り返すことになります。結果として、歯の寿命が短くなってしまうことになるのは、多くの研究でも明らかです。

予防的な考え方を持ち、あなたのお口の中の健康に寄り添ってくれる歯医者さんを選ぶべきだと考えます。

安易に歯を削ったりしない歯医者が「いい歯医者」

極論的に書きましたが、特に非可逆的な治療(歯を削ったり、神経を抜くなど)の際に気をつけたいことです。

「虫歯治療のため、歯を削らなければならないと言われた。」
「歯の神経を抜かなければならないと言われた。」
「歯を抜かなければならないと言われた。」

こんな時、先生に聞いてみてほしいのです。

「削ったり、抜いたりせずに治療は出来ないのかどうか?」
「削ったり、抜いたりした場合、治療の選択肢にはどのようなものがあるか?」

「その選択によって治療した歯の将来はどうなるのか?」

「いい歯医者」であれば、これらの質問に対して、丁寧にわかりやすく時間をかけて説明してくれるはずです。そして納得のいかないまま、いきなり歯を削ることはないでしょう。

予防について先生に聞いてみよう

予防については、ストレートに聞いてみることをオススメします。

「ここでは、虫歯にならないようできますか?」
「ここでは、虫歯にならないようにどのような治療や予防の方針を持っていますか?」

もし「本当の予防歯科」であれば、「あなたの協力が必要ですが、虫歯にならないようにすることは出来ます。」と答えてくれます。そして、虫歯の原因を解決するための具体的なケアやメンテナンスについての案内があるでしょう。

お口の健康はとても重要ですので、「歯医者は治療さえしてくれれば良い」と思わず、ぜひ納得のいく歯医者を探してみてください。

もし、今の歯医者に対して遠慮がある場合は、他の歯医者の意見(セカンドオピニオン)も聞いてみたいですと言うのも1つの手かもしれませんね。

(歯科医師:中山俊太郎)

人生を変える歯医者選び<後編>

人生を変える歯医者選び<後編>

前回、「自分の通っている歯医者は大丈夫だ。」「歯医者の治療はこういうものだ。」そんな思い込みで20年間歯医者に通い、大丈夫だと思っていたお口の中を精密に検査したところ、23本の歯に大小の虫歯が見つかり、歯周病も発覚したというエピソードを紹介しました。

彼女は虫歯がどのような病気で、原因は何なのかを理解することなく、自分は虫歯になりやすい体質だと思いこみ、虫歯治療を繰り返していました。
そこで、じっくりとお話を伺い、お口の中の病気の原因や現状を詳しく知ってもらうために、精密検査をしました。
検査結果から、病気の原因を知ることは、自身のお口の中の現状を理解することに繋がり、治療にも、その後のセルフケアにも大きく影響します。

そこで今回は、予防や治療の方法や選択について考えていきたいと思います。

予防プログラムで病気への理解を深める

まず、大切なことは「病気の原因は何なのか?」ということです。病気とは、虫歯、歯周病のことであり、予防するには原因である「プラーク」を徹底的に除去する以外方法はありません。また生活習慣など病気のリスクになる問題の解決も同時に必要となります。
「病気の原因」について解決せず、「病気のリスク」について知ることなく治療をしても、今までと同様に残念な結果になるのは当たり前です。

そこで治療に入る前に、彼女は「予防プログラム」で、お口の中の病気の原因に対する具体的な解決法を知り、生活習慣と病気との関連、治療の必要性について理解を深めました。

プログラムを進めていくと、歯ブラシをした時の歯ぐきからの出血はなくなりました。以前まで歯ブラシの時に血が出ることはいいことだと思っていたので、彼女自身も驚きました。歯周病は、原因である「プラーク」を歯ブラシなどのセルフケアで除去すれば、自分で治すことが出来る病気なのだということに気づきました。
また、詰め物が合っていない場所や、フロスが引っかかる所はケアが出来ず、病気の原因が残ってしまう為、治療が必要だということが明確になりました。

治療後の経過を左右する予防プログラム

予防プログラムを受けたことで、歯周病の改善とともに、自分の歯を守るためのセルフケアの重要性、治療・メンテナンスの必要性について彼女は深く理解することが出来ました。今まで虫歯になってしまっていたのは「歯が弱い」からではないということ、原因について解決することが出来れば予防できるということを知り、自信をもてました。

また、自分ではどうしてもお手入れできない部分のケアやケアしているつもりでもできていない部分の再確認など、定期的に行うメンテナンスも必要であるということがわかり、3か月に1度通うことになりました。

通常メンテナンスの期間は歯医者の都合で決められることが多いですが、当院では自らメンテナンスの期間を患者さんに決めていただいています。歯医者や歯科衛生士に言われたから行くのではなく、目的をもって必要だから行くのです。
一般的には、なぜ予防が必要なのかを深く理解しないまま、「早く治療を終わらせたい」など患者さんの都合により、治療が先行してしまうことが多くあります。結果、自分自身で歯を守るための知識や方法を学ぶことが出来ないまま、病気を繰り返してしまうのです。

病気への理解が、治療の精度を高める

あなたは歯医者で、自分にとって最善最良の治療プランを教えてもらったことはありますか?
通常の歯医者では、問題の起こった部位、もしくは患者さんの審美的な要望によって計画された治療プランの説明があります。そして保険を適応するかしないかの選択を迫られます。
しかし、お口の中は全体で、1つの臓器です。ひとつの歯だけが問題に見えても、見えないところで問題が起きている可能性があります。特に歯周病やかみ合わせについてはお口の中全体で考える必要があります。
適切な選択をするために、お口の中全体を考慮した治療プランを知ることが重要になります。もちろん治療期間や費用についても考えなければなりません。

彼女は検査や予防プログラムによりお口の中への理解が深まり、出来る限り治療を繰り返す事がなく、自分の歯で生涯健康に生活したいという思いから治療プランを選択されました。


治療前の口腔内写真
治療後の口腔内写真
治療後の口腔内写真
治療前のレントゲン写真
治療後のレントゲン写真
治療後のレントゲン写真

<治療後の彼女の感想>
今までは、歯の病気の原因やそのメカニズムを知ることなく歯磨きをしていましたが、予防プログラムを通して深く理解することができました。治療後も、歯の引っ掛かりがなくなったことで、歯の手入れもしやすくなりました。
私の口の中を理解し、相談することが出来るパートナーが見つかりました。

(歯科医師:中山俊太郎)

予防プログラムと治療について詳しく知る

→人生を変える歯医者選び(前編)

本当にいい歯科医院の選び方

本当にいい歯科医院の選び方

あなたが歯のことで困った時、あなたは「いい歯医者」を見つけることが大切だと思っていませんか?
あなたにとって「いい歯医者」とは、治療の説明がとても上手でわかりやすい歯医者でしょうか?それとも、腕が良いと評判の歯医者でしょうか?

治療の説明が上手で、腕の良い歯医者はたくさんいます。
しかし、そんな歯医者に通っていても、高額な治療を受けていても、歯の再治療や、歯を失うことが後を絶ちません。いい歯医者を見つけ、頑張って通ったのに再治療を繰り返し、歯を失ってしまったら…

今回は、前回の続編として、「本当のいい歯科医院の選び方」を考えてみたいと思います。

病気には原因がある。

「あなたは、自分の虫歯の原因を知っていますか?」
「あなたは、自分の歯周病の原因を知っていますか?」

あなたが今どこかの歯科医院に通っていて、この質問に明確に答えられないのであれば、あなたの歯の将来がとても心配です。
日本では、歯医者に行くとすぐに治療が始まります。もちろん、痛みなどがある場合には応急処置が必要です。

しかしそれが終えたら、なぜ病気になってしまったのか、「病気の原因」について改めて考え直す必要があるのではないでしょうか?「病気の原因」について解決することなく、治療が行われたならばその治療は100%失敗します。

だから、再治療を繰り返し、歯を失うのです。

あなたと一緒に「原因」を追究してくれる歯医者を選ぼう

・あなたのために、十分に時間をかけてくれる歯医者
・あなたのために、「病気の原因」を教えてくれる歯医者
・あなたのために、「病気の解決策」を教えてくれる歯医者

これが「本当にいい歯医者」の条件ではないでしょうか。

「本当にいい歯医者」であれば、あなたのために十分時間をかけてお話を聞いてくれる、治療してくれる。そして、「病気の原因」についてのお話、それを解決するにはどうしたらよいか、そこに多くの時間をかけてくれるはずです。

当たり前の話だと思いますか?

しかし、それを実践している歯科医院は日本では数えるほどしかありません。

理想的な歯科医師との関係のあり方

歯科医師の仕事は「治療」がメインであることは言うまでもありません。
しかし、「いい歯医者」に「良い治療」をしてもらっても問題は解決しません。治療技術を売る歯科医師、白い歯を売る歯科医師は信用できません。

本当のことを話してくれる、教えてくれる、信頼出来る歯科医師との出会いが必要です。そして忘れてはいけないのが、主に「予防」を担当する歯科衛生士の存在です。彼女たちはあなたのお口の健康を一番近くで守ってくれるパートナーです。

歯科医師との理想的な関係は、「治療」を終えたら2度と「治療」で関わらないことかもしれません。

(歯科医師:中山俊太郎)

治療の成功率を意識したことはありますか?

治療の成功率を意識したことはありますか?

よく患者さんに「その治療はどのくらいもちますか?」と質問を受けることがあります。
そもそも、この質問は「治療が成功した時にどのくらいもつのか?」ということであり、患者さんは失敗することは想定していません。私たちは常に失敗を最小限にする努力を惜しみませんが、しかし、医療に絶対的なものはなく残念な結果になる場合もあります。

でも、安心してください。失敗したからと言って歯がなくなってしまうわけではありません。そこで今回は「治療の成功率」について考えていってみたいと思います。

治療の成功率は、アメリカと日本で大きな差が!

興味深いデータがあります。アメリカと日本での根(歯の神経部分)の治療の成功率についてです。
アメリカでは根の治療の成功率は約90%、日本では根の治療の成功率は約50%です。「え!50%!2本に1本は失敗ですか!そんな治療受けたくない!」誰もがそう思うことでしょう。
なぜ、これほどまでの差があるのでしょうか?

治療にかける技術、時間、回数、方法が成功率を左右する

アメリカでは基本、根の治療はそれの専門家が行います。日常的に根の治療のみしか行わないため、とても専門的で成功率も安定しているというわけです。治療回数は1~2回で、時間は奥歯なら約2時間。治療の成功率を上げるために万全な感染対策を行います。精密な治療ですから時間がかかります。また根の病気は感染症ですから、再感染しないように感染対策にも時間とコストをかけているわけです。ちなみに治療費は奥歯で約20~40万円です。
では日本はどうでしょうか?

根の治療は基本、どの歯科医師も行います。もちろん根の治療を専門・得意とする歯科医師もいますが、数は少ないのが現状です。また、儲からない、面倒な治療と認識している歯科医師が多く、根の治療を得意としない歯科医師や経験の少ない歯科医師に治療を任せるケースが非常に多いのが現状です。当然、治療の成功率を上げるために万全な感染対策を行うなどの技術はありません。また、日本の医療保険制度はかけた時間やコスト、治療方法の違いについての報酬はありません。アメリカと同じようにやっていては採算が取れないというわけです。安い材料を使い、最低限の設備・スタッフ構成・治療方法、さらに時間を短縮することで成り立っています。しかし「治療の質」は確保されるのでしょうか。それで治るのでしょうか?アメリカと日本の治療の成功率の差はそこにあるのです!治療費も奥歯の根の治療をすると約1万円とアメリカとでは20~40倍の差があります。

歯は削ると戻らない。治療の成功率は人生を左右する。

今回は根の治療についてお話してきましたが、これは虫歯の治療、歯周病の治療でも同じことが言えるわけです。
治療を成功させるためには、最善な治療方法、技術、時間、コストが不可欠です。定期的に治療が必要になる。定期健診の度に治療を繰り返すことになる。そんな経験はありませんか?歯は一度削ったり、神経を抜いたりしてしまうともとには戻りません。治療を繰り返すことで歯の寿命は短くなります。誰もが「ずっと健康でいたい」「生涯、自分の歯で食事がしたい」と思うのではないでしょうか?

治療の成功率はその後の人生に大きく影響します。
あなたが今通っている歯科医院はそこまで考えて治療してくれていますか?
治療の際には、慎重に考えなければならないですね。

(歯科医師:中山俊太郎)

ありがちな歯科医院の選び方の落とし穴とは

ありがちな歯科医院の選び方の落とし穴とは

あなたは歯科医院を選ぶ時、どの様にして選んでいますか?
「早い・安い・近い」
すぐみてくれる、保険がきく、便利なところにある。
これがよくある歯科医院選びのポイントではないでしょうか?
今回は、この選び方が本当に正しいのか、一緒に考えていってみたいと思います。

「早さ」と「雑さ」は隣り合わせ

仕事が忙しい。平日に休みが取れない。出来れば都合の良い時にすぐに見てくれて、治療もすぐに終わる方がありがたい。そんなふうに思うのではないでしょうか。確かに早いに越したことはありません。

しかし、精密な検査、的確な診断、十分な術前処置、精密な治療、これらの事を考えた時には「早い」は当てはまらない様に思います。たとえ早く治療が済んでもまたトラブルが起こるようでは困るのではないでしょうか。

「安い」は、機材や方法のクオリティに反映される

世界的にも日本の医療保険制度はとても優れていると言われています。確かに、誰もが安価で最低限の医療を受けることが出来るので困ったときには便利です。しかし歯科の場合、使用する材料や方法に制限があり術後にトラブルが多いのも事実です。一度削った歯は元には戻りませんし、治療を繰り返すことで歯が悪くなることもわかっています。

「安い」ということは誰にとってもとても魅力的ではありますが、結果的(将来的)に「安くない」ことになってしまうかもしれません。「健康」はお金では買えません。病気にならない様に「健康に投資する」という考え方が必要かもしれませんね。

「近さ」よりも、しっかりと治療・予防ができるかどうか

仕事場や家の近く、駅前に歯科医院があれば、困った時や通うにはとても便利です。しかし、近くの歯科医院が「あなたが望むこと」を提供してくれるかどうかはわかりません。

例えば、「詰め物が取れたのでとりあえずつけてほしい」という望みであればどこの歯科医院でも叶うかもしれません。ただ、またすぐに詰め物が取れたり、痛くなったり、最悪の場合歯がダメになったりする可能性は十分にあります。

「歯周病を治したい」「虫歯を治したい」こんな望みならどうでしょう。実は歯周病はとても厄介な病気で、治すのがとても難しいと言われています。また、虫歯と言っても簡単な治療からとても難しい治療まで様々です。近くの歯科医院では治らないかもしれません。

さらに「歯周病の予防をしたい」「虫歯の予防をしたい」このような望みでは難易度が上がります。また、基本的に「病気の予防」は日本の医療保険制度に組み込まれていません。

「予防」にはシステムが必要で、歯科医院に予防のシステムがなければ「予防」にはならないのです。

歯科医院を選ぶことは、自分の歯の未来を選ぶこと

「歯科医院は何処に行っても一緒じゃないのですか?」「何処の歯科医院に行っていいかわからない。」という話をよく聞きます。

確かに、歯科治療の技術的な良し悪しは判断しづらく、「歯科医は私のために最善を尽くしてくれるに違いない。」そう信じるしかないこともあるでしょう。しかし、制度による制限などを理由にそうでないこともあるのが現実です。

もし、無意識に「早い・安い・近い」で選んでいたら、一度立ち止まってみてください。歯科医院を選ぶことは、自分の歯の未来を選ぶこと、慎重に選びたいですね。

(歯科医師:中山俊太郎)