メンテナンスの本当の意味とは?

メンテナンスの本当の意味とは?

「定期健診をお願いします。」「クリーニングしてください。」と希望する患者さんが、最近、多くなっています。

あなたは歯医者に行って、定期健診を受け、クリーニングしてもらえれば、歯は悪くならないと思ってはいませんか?

それは大きな間違いです。

そもそも、あなたが定期的に歯医者に行く目的は何でしょうか?
「きれいにしてもらうため?」「安心のため?」「虫歯の予防のため?」
どうせ行くなら意味のあるものにしたいですよね。

今回は定期的に歯医者に行く「本当の目的」について考えていきたいと思います。

定期検診、クリーニングでは予防できない!!

まずは言葉の意味を整理しましょう。
「定期健診」は病気や不具合を見つけることです。
「クリーニング」は歯石やプラーク(歯垢)、茶渋などを取り、お口の中をきれいにすること。

一般的な歯医者の定期健診では、虫歯・歯周病・咬み合わせのチェック、必要に応じてレントゲン検査を行い、問題があれば治療、なければクリーニングをしてもらい終了します。

本当にこれだけで大丈夫でしょうか?

そもそも定期的に歯医者に通っているのに、虫歯で治療になるのはおかしいと思いませんか?そうでなくても、その時だけのクリーニングでよい状態が続くのでしょうか?

実は、クリーニングをしてもらっても、きれいなのはその日だけです。次の日にはまた虫歯、歯周病になる状態に戻ります。結局、虫歯、歯周病を予防したいのなら、定期検診やクリーニングだけでは不十分であるということです。

虫歯、歯周病を予防するにはセルフケアが重要

虫歯、歯周病の「原因」は「プラーク」(ばい菌の塊)です。
普段の歯ブラシで「プラーク」をとることが出来ていないから虫歯、歯周病になります。それ以外の「原因」はありません。

そして、虫歯、歯周病を予防するためには「プラーク」を取る方法が一番効果的です。「私は一生懸命、歯ブラシしているのになぜ?」と思う方もいるかもしれません。

それは今の歯ブラシではしっかりと「プラーク」が落とせていないのです。虫歯、歯周病の予防をするには、毎日「プラーク」を歯ブラシで落とすことが必要です。落とせなければ虫歯、歯周病になります。

毎日、「プラーク」を落とせていないのに、定期検診に行った時だけ「プラーク」を落としても予防は出来ないのです。重要なのは、セルフケアのレベルを上げ、習慣化し、専門家のアドバイスを受けることです。 そして、必要なのは「メンテナンス」という考え方なのです。

メンテナンスが予防の鍵

「メンテナンス」とは言葉の通り、現状の維持管理をすることです。
定期健診、クリーニングとは目的が違います。

「メンテナンス」では歯科衛生士が、生活習慣、健康状態をはじめ、あなたのプラークコントロールの習慣の変化などを専門的に確認し、アドバイスを行います。また、セルフケアではどうしても落としきれなかったプラークを取ります。

メンテナンスの段階では病気はないか、回復に向かっている状態で、患者さんのセルフケアのレベルも高いので患者さん自身がすでに出来る範囲で予防しています。メンテナンスではそれを歯科衛生士がサポートするのです。これが「本当の予防歯科」です。

専門家によるアドバイスが適切に行われず、患者さん自身がセルフケアという責任を全うできない状態で行われる定期健診、クリーニングとは全く違います。

どうせ行くのなら意味のある通院にしませんか?
予防が目的なら、定期健診、クリーニングはあまり意味がありません。
必要なのは「定期的なメンテナンス」です。

(歯科医師:中山俊太郎)

おうちで出来るお口の中の健康

おうちで出来るお口の中の健康

歯科医院では、歯を削ったり、歯をクリーニングする時に発生するエアゾルにより患者さん同士や、患者さんから医療従事者へのコロナウイルスへの感染の可能性があると言われています。

とはいえ、痛みが強い場合や生活に支障がある時は、不要不急と言わずに治療を受けることも必要です。その時は、ぜひ院内感染対策を十分に行っている医療機関を選択するようにしてください。

なかなか歯科医院に行くことができない。でも、お口の中の健康には気を使いたい、そんな想いにこたえて、おうちで出来るお口の中のケアについて紹介したいと思います。

虫歯・歯周病の原因は、プラークです。
プラークは、食べかすではなく、菌の塊です。

「プラーク」は歯垢と呼ばれることもありますが、歯垢と聞くと、歯に残った食べかすとイメージされることが多いようです。実は、「プラーク」は誰もが持っている細菌の塊です。そこに含まれる虫歯菌・歯周病菌が繁殖していくことで問題になっていきます。

プラークはマウスウォッシュでは取り除けない。
歯ブラシを見直して、効率的にプラークを取り除きましょう

お風呂の掃除をイメージしてみると、洗剤をかけただけではお風呂の汚れは取れませんよね。それと同じで、マウスウォッシュだけではプラークを取り除くことは出来ません。

チェック① 道具を見直す
あなたの使っている歯ブラシは、古くなっていませんか?
毛先が開いているだけで、プラークの除去力は落ちます。1ヶ月に1回変えるのが目安になります。

チェック② 鏡を見て磨こう
あなたは歯を磨く時に、どこを磨いていますか?
プラークがたまりやすい歯と歯茎の境目、歯と歯の間に歯ブラシが当てられているかを、鏡を見ながら磨くことで、歯ブラシの効果が上がります。

自分のプラークのたまり方を見える化しよう。
赤染めで、歯ブラシのスキルアップを!

赤く染めれば、どこに「プラーク」が残っているかが分かります。そこが、自分の歯ブラシで対応できていない場所になります。自分の歯ブラシのクセを見つけて、しっかりと落とせるようになれれば、虫歯や歯周病の心配は格段に落ちていきます。
しかし、いくらこすっても取れないところはありますし、見えないところにプラークが残っていたりします。そんな時には、歯科医院に行きましょう。

⑤ 虫歯・歯周病の原因の検査
プロスペック 歯垢染色液

プロスペック 歯垢染色液

チェックしたい部分だけを確実に染色します。無害な食品用着色料使用。使いやすいよう、クセのない味と香りをわずかに加えてあります。
Amazon楽天市場などで購入できます。

出典:GC製品カタログ

まずは、おうちで、お口の健康を!
落ち着いたら歯科医院でチェックしてみてください。

歯科医院は家では出来ない予防を提供するところです。
どうしても自分では取れない「プラーク」の取り方のアドバイスや、詰め物が歯と合っていないために「プラーク」が取れなくなっているところの治療など、だだ単に虫歯を治療するのではなく、予防しやすいお口の中にしていきます。

これを機会に、予防について考えてみるのはいかがでしょうか。

ありがちな歯科医院の選び方の落とし穴とは

ありがちな歯科医院の選び方の落とし穴とは

あなたは歯科医院を選ぶ時、どの様にして選んでいますか?
「早い・安い・近い」
すぐみてくれる、保険がきく、便利なところにある。
これがよくある歯科医院選びのポイントではないでしょうか?
今回は、この選び方が本当に正しいのか、一緒に考えていってみたいと思います。

「早さ」と「雑さ」は隣り合わせ

仕事が忙しい。平日に休みが取れない。出来れば都合の良い時にすぐに見てくれて、治療もすぐに終わる方がありがたい。そんなふうに思うのではないでしょうか。確かに早いに越したことはありません。

しかし、精密な検査、的確な診断、十分な術前処置、精密な治療、これらの事を考えた時には「早い」は当てはまらない様に思います。たとえ早く治療が済んでもまたトラブルが起こるようでは困るのではないでしょうか。

「安い」は、機材や方法のクオリティに反映される

世界的にも日本の医療保険制度はとても優れていると言われています。確かに、誰もが安価で最低限の医療を受けることが出来るので困ったときには便利です。しかし歯科の場合、使用する材料や方法に制限があり術後にトラブルが多いのも事実です。一度削った歯は元には戻りませんし、治療を繰り返すことで歯が悪くなることもわかっています。

「安い」ということは誰にとってもとても魅力的ではありますが、結果的(将来的)に「安くない」ことになってしまうかもしれません。「健康」はお金では買えません。病気にならない様に「健康に投資する」という考え方が必要かもしれませんね。

「近さ」よりも、しっかりと治療・予防ができるかどうか

仕事場や家の近く、駅前に歯科医院があれば、困った時や通うにはとても便利です。しかし、近くの歯科医院が「あなたが望むこと」を提供してくれるかどうかはわかりません。

例えば、「詰め物が取れたのでとりあえずつけてほしい」という望みであればどこの歯科医院でも叶うかもしれません。ただ、またすぐに詰め物が取れたり、痛くなったり、最悪の場合歯がダメになったりする可能性は十分にあります。

「歯周病を治したい」「虫歯を治したい」こんな望みならどうでしょう。実は歯周病はとても厄介な病気で、治すのがとても難しいと言われています。また、虫歯と言っても簡単な治療からとても難しい治療まで様々です。近くの歯科医院では治らないかもしれません。

さらに「歯周病の予防をしたい」「虫歯の予防をしたい」このような望みでは難易度が上がります。また、基本的に「病気の予防」は日本の医療保険制度に組み込まれていません。

「予防」にはシステムが必要で、歯科医院に予防のシステムがなければ「予防」にはならないのです。

歯科医院を選ぶことは、自分の歯の未来を選ぶこと

「歯科医院は何処に行っても一緒じゃないのですか?」「何処の歯科医院に行っていいかわからない。」という話をよく聞きます。

確かに、歯科治療の技術的な良し悪しは判断しづらく、「歯科医は私のために最善を尽くしてくれるに違いない。」そう信じるしかないこともあるでしょう。しかし、制度による制限などを理由にそうでないこともあるのが現実です。

もし、無意識に「早い・安い・近い」で選んでいたら、一度立ち止まってみてください。歯科医院を選ぶことは、自分の歯の未来を選ぶこと、慎重に選びたいですね。

(歯科医師:中山俊太郎)