高校生が寄付してくれました

高校生が寄付してくれました

コロナウイルスによる自粛生活が始まって約一カ月の4月下旬。

日常生活では、子供たちも学校や、幼稚園が休校で毎日密を避けてどう過ごそうか考える日々でした。

診療室では、現状の感染対策はこれで十分なのか、マスクはまだ少し在庫があるけど、アルコールは毎日どれくらい消費すれば備蓄に耐えていけるのか、全従業員の感染対策をどのレベルで施すか、一番必要な救急病院や、感染者を行け入れる病院が不足するようなことがあってはならないし、そして何より世間は明日はどんな一日になるのか、すべての国民が心配な毎日を過ごしていたころだったと思います。

立崎さんとの出会い

そんなある日、田舎の父が、「こんな記事があるよ」と専門職の新聞記事を見せてくれました。

それは、高校一年生の女の子が自身の3Dプリンターで作製したフェイスシールドを医療機関に無料で寄付しているという内容の一面でした。

4月頃は、マスクもフェイスシールドも買いが殺到し、医療物資の材料屋も在庫を持ち合わせているところは少ない状態でした。インターネットでは、どんなものかわからないマスクや、フェイスシールドが10倍以上の高値で取引され、簡単に手が出せる状況ではありませんでした。

私は急いで、彼女にメールをしました。するとすぐにお返事をいただき、あっという間に希望する個数おくってくださいました。

届いた品物は新聞紙と段ボールで丁寧に梱包され、ドキドキしながら最初に装着したのを覚えています。

フェイスシールドの効果

このフェイスシールドによって、私たち医療者は、患者さんからの治療飛沫による、感染を防ぐことが出来、それによって、私たちも患者さんに感染をさせるリスクが軽減されます。

そして、このように見ず知らずの医療機関に、自分自身の出来る力を発揮して寄付をしてくださる高校生がいてくれることは、どんなに素晴らしいことでしょうか。

このフェイスシールドと一緒に仕事をすることが、私たち医療者にとっても、大きな希望と、患者さんのために翻弄出来るエネルギーになっています。

私たちLife Care Dental Officeは、立崎さんのような社会に貢献される若者を心より、応援致します。1,022個のフェイスシールドを全国に寄付してきた彼女の功績は幾度もテレビで取り上げられています。

(文責:中山 和嘉子)